TOP一人暮らしの用語集 > ユニバーサルデザイン

一人暮らしの用語集

ユニバーサルデザイン

ユニバーサルデザインとは、年齢、性別、能力、障害、言語、文化などの区別なく、誰もが利用しやすいように製品や建物などをデザインすることをいいます。英語で、Universal Design(ユニバーサルデザイン)のことで、UDと略記すこともあります。ノースカロライナ州立大学のユニバーサルデザインセンター所長であった、ロナルド・メイス(1941-1998)が1985年に公式に提唱した、バリアフリー概念の発展形で、「できるだけ多くの人が利用可能であるようなデザインにすること」が基本コンセプトになっています。デザイン対象を障害者に限定していない点が、一般に言われる「バリアフリー」とは異なっています。具体的には、「安全」に配慮された自動ドア、エレベータ、ホームドア、障害者向けの開発から劇的に一般に普及した典型である温水洗浄便座、トイレや浴室で使用するインテリアバー(Interior Bar)などがあります。