TOP一人暮らしの用語集 > マンション管理士

一人暮らしの用語集

マンション管理士

マンション管理士とは、管理組合の運営、建物構造上の技術的問題等マンションの管理に関して、管理組合の管理者等又はマンションの区分所有者等の相談に応じ、助言、指導その他の援助を行うことを業務とする資格の名称のことです。国家資格で、マンション管理士になるには、国土交通大臣等の実施するマンション管理士試験に合格し、マンション管理士として登録することが必要になります。
マンション管理士の業務は、管理組合側へアドバイスすることを主眼に置いた資格であり「マンション管理組合側アドバイザー」の方が、資格内容を表しているともいえます。
実際の管理士の仕事としてはマンション側の管理組合とマンションの管理を行う管理会社との間に立つ第三者として、管理会社の業務監査を行いつつ管理組合側へアドバイスする立場です。管理組合のためのマンション管理コンサルタントとして独立開業する事も可能であるが、その多くが建築士や宅地建物取引主任者、管理業務主任者、行政書士等の資格も併せて取得しているのが実情です。
マンションの管理員(管理人)になるには、マンション管理士の資格が必要と誤解されることが多いが、マンションの管理員になるのに資格は必要ありません。マンション管理士は、管理組合側へアドバイスすることを主眼に置いた資格で、マンションの管理員は工事の立会い、清掃、その他が職務ですから、全く異なる仕事になります。