TOP一人暮らしの用語集 > 手付金

一人暮らしの用語集


手付金

手付金とは、賃貸借契約成立を前提に、その保証として納める金銭のことです。売主と買主の間で、契約が成立したことを確認し合うために、買主から売主に支払われます。申込金などとは違い、代金の一部に相当するお金で、そのまま敷金または保証金の一部として充当されます。ただし、借り手側からの解約の申し出の場合は、納めた手付金は返金されないのが一般的です。
手付金の額は、宅建業者(不動産会社)が売主の場合には、完成物件の場合で、売買金額の10%、未完成物件では売買代金の5%などとなっており、売買代金の20%を超える手付金を売主が受け取ることはできないと決められています。この手付金には、契約不履行の際なんらかの賠償を求める「証約手付」、「違約手付」と、いつでも契約を破棄できる「解約手付」の3種類があります。双方でなにも決めていない場合は、すべて解約手付ということになり、手付解除が可能です。
⇒住まい・住宅関連の用語集「住辞苑」の手付金とはもご参照ください。



あわせて読みたいオススメの記事

学生マンション運営会社を詳しく見る

学生マンション以外のお部屋を探す