TOP一人暮らしの用語集 > 仲介手数料

一人暮らしの用語集

仲介手数料

仲介手数料とは、契約を仲介した不動産会社に支払う手数料のことです。賃貸物件の場合、家賃の1カ月分が上限とされています。媒介報酬ともいわれます。
宅建業法では、成功報酬主義が取られているので、売却や物件探しの依頼をしても、取引が成立しなければ支払う必要はありません。仲介手数料の金額の上限は、宅建業法で決められている金額です。売買物件の場合は、「取引金額×3%+6万円」以内と決められています。課税業者の場合、これに消費税がかかります。
また、宅建業者以外が、仲介手数料を請求することは違法行為になります。仲介手数料は、売買契約が成立した時に、仲介した不動産会社に支払います。一般的には、取引の最後(所有権移転および物件引渡し時)に支払うケースが多いです。まれに、「契約時に半分」、「取引の最後に半分」と2回に分けて受領する業者もあるようですので、事前に確認が必要です。
近年では、売買物件の場合、3%+6万円が当たり前と言われた仲介手数料が、「仲介手数料無料」や「半額」、「割引」など、仲介手数料規定を広告する不動産会社が多くあります。