TOP一人暮らしの用語集 > 三和土

一人暮らしの用語集

三和土

三和土とは、「たたき」と読み、玄関の土間の(土足で入る)部分のことをいいます。三和土(たたき)は、叩き土に石灰や水を混ぜて練ったものを塗り、叩き固めて仕上げています。3種類の材料を混ぜ合わせることから「三和土」と書きます。
「叩き土」とは、花崗岩、安山岩などが風化して出来た土のことで、その土は石灰と水を加えて練ると硬化する性質があります。長崎の天川土、愛知県三河の三州土、京都深草の深草土などの叩き土に、石灰や水を加えて練ったものを塗り叩き固め、一日二日おいた後に表面を水で洗い出して仕上げます。
もともとはセメントがなかった時代に、地面を固めるために使われた方法で、現在では、コンクリート製やタイルを貼った土間なども、三和土と呼ばれることがあります。