TOP一人暮らしの用語集 > 収入証明

一人暮らしの用語集

収入証明

収入証明とは、収入額の証明をする書類のことで、賃貸住宅の場合、毎月の家賃が払えるかどうかを確かめるため、収入証明を求められる場合があります。契約者が親の場合、親の収入証明が必要な場合もあります。一般的には、源泉徴収票などで収入額の証明をしますが、仕事の仕方によって、証明書類に違いがあります。
給与所得者の場合は、給与支給証明書で収入の証明をします。これは、勤務先で月別の証明をしてもらうことになります。勤務して、まだ1ヶ月の給与も受けていない場合は、雇用条件に基づき1年分の支払予定額を証明してもらうことになります。事業所得者の場合は、税務署提出確定申告所の控えで、受付印のあるもの、又は収支明細書で、収入の証明をします。ただし、1月1日〜3月15日までの申込の場合は、前年の収支明細書でもよしとされています。その場合、入居時までに、確定申告書の控えの提出が必要です。年金受給者の場合、年金証書、恩給証書、源泉徴収票、最新の年金改定通知書、年金支払通知書(ハガキ)などで、収入の証明をします。