TOP一人暮らしの用語集 > 原状回復義務

一人暮らしの用語集

原状回復義務

原状回復義務とは、「賃借目的物を返還する際、賃借人が設置したものを取り除いて賃貸人に返還すること」という定義のことです。
契約上で明記されている場合、借主は退去するとき借りていた部屋を契約時と同じ状態に戻さなければなりません。原状回復義務が、契約書の中で記されていても、畳の日焼けなど、自然消耗と見なされるものは、原状回復義務に含まれません。
「賃借人が付けたものを取り除いて元に戻すこと」が原状回復で、「古くなったものを新しいものに交換して返還すること」は、原状回復とはいいません。賃貸借目的物の通常の使用に伴う経年変化(老朽化)による価値減少は、賃料によって賄われています。
経年劣化によりダメージがあったカーペットや壁紙を交換しない場合は、敷金から差し引くと言われることもありますが、それは、「原状回復義務」定義からは外れていますので、必ず必要なことではありません。