TOP一人暮らしの用語集 > インナーサッシ

一人暮らしの用語集

インナーサッシ

インナーサッシとは、窓の内側にもう1つ取り付けるサッシのことです。
外側のサッシの内側にもうひとつサッシを設置することで、サッシが2重になります。窓が二重ガラスになることで、断熱性や遮音性が高まります。
2つのガラス窓の間には、空気の層ができますので、室内の空気が外気で直接冷やされることがなくなり、結露もしなくなります。
また、2つの窓ガラスの間に空気層ができるので、防音効果も高まります。
インナーサッシは、古い住宅のリフォームの際に取り付けられることが多いようです。
インナーサッシの場合は、室内にもう1つ窓枠サッシを取り付けるので、壁を壊す工事は必要ありません。
インナーサッシの取り付け工事は、1時間程度で終わり、費用は約10万円程度が多いようです。インナーサッシを取り付けて、冷暖房に使うエネルギーを少しでも削減するようなリフォームを行う場合、国から工事費用と製品代の3分の1の補助がでます。