TOP一人暮らしの用語集 > アウトポール

一人暮らしの用語集

アウトポール

アウトポールとは、柱の出っ張りを部屋の外に出す、建築工法のことです。
一般に、RC造などのコンクリート構造の建物では、梁と一緒に、柱も室内に張り出しています。
柱が張り出している分、室内が狭くなってしまいますが、アウトポールの工法を使うと、その出っ張り部分を、バルコニーなど、部屋の外側に出すことができます。
要するに、アウトポール工法では、柱の出っ張りを室内の外側に出して、室内の壁際をすっきりさせることができるのです。
ただし、バルコニー側は柱を外に出しやすいですが、廊下側は柱を出すと廊下を狭くしてしまうため、採用されにくい工法ともいわれています。
アウトポールは、一般的には、バルコニーに面した部屋で採用されています。