学生マンション選びのポータルサイト「学生マンション賃貸情報」

学生マンション賃貸情報

学生マンション運営会社一覧

TOP一人暮らしの用語集 > ワークトライアングル

一人暮らしの用語集

ワークトライアングル

ワークトライアングルとは、冷蔵庫・コンロ・シンクを結ぶ三角形の作業動線のことです。三辺のバランスがよく、正三角形に近いほど、作業効率がよいといわれています。一般的には三辺の合計が、360cm以上600cm以内に納まるのが適切とされています。ただし、1列型キッチンの場合は例外で、3600mmを超えると使いづらくなります。
ワークトライアングルは、キッチンの作業動線の善し悪しをチェックするための目安のひとつになり、ワークトライアングルの各辺が長すぎると、動きに無駄ができて疲れやすくなります。逆に短すぎると調理や配ぜん、収納などのスペースが足りなくなります。