学生マンション選びのポータルサイト「学生マンション賃貸情報」

学生マンション賃貸情報

学生マンション運営会社一覧

TOP一人暮らしの用語集 > 専有部分

一人暮らしの用語集

専有部分

専有部分とは、賃貸物件などの集合住宅で、特定の住人が独占的に使うことを許された場所や設備のことをいいます。原則としては、部屋の内部のことを言いますが、ベランダやバルコニーは共用部分になる場合もあります。区分所有法では、一棟の建物は、専有部分か共用部分のいずれかに区分されます。専有部分と共用部分の両方を含む一棟の建物のことを総称して、区分所有建物といいます。区分所有建物は、住宅専用の建物、又は住宅部分と店舗部分が併存する建物がほとんどです。
国土交通省では、「マンションの管理の適正化に関する指針」において、「特に、専有部分と共用部分の区分、専用使用部分と共用部分の管理及び駐車場の使用等に関してトラブルが生じることが多いことから、適正な利用と公平な負担が確保されるよう、各部分の範囲及びこれに対するマンションの区分所有者等の負担を明確に定めておくことが望ましい」としています。具体的には、天井、床、及び壁は、躯体部分を除く部分が専有部分とされています。窓ガラス、玄関扉等について は、建物の外観保全のため、共用部分として各区分所有権の対象から除外されています。これは、玄関扉の色を勝手に塗り変えたり、窓ガラスに広告をだしたりすると美観が損なわれるので、それらの行為を禁止する必要があるためです。
上下水、電気、ガス等の配管、配線設備については、設備機能が各住戸等の専用のものであるか、共用のものであるかにより決定するものとされています。要するに、自分の住宅内の配管、配線は占有ですが、廊下やロビーなどの配管、配線は、共用部分になります。空調、給湯関係の設備については、マンションでは各専有部分に属することが一般的です。