学生マンション選びのポータルサイト「学生マンション賃貸情報」

学生マンション賃貸情報

学生マンション運営会社一覧

TOP一人暮らしの用語集 > シックハウス症候群

一人暮らしの用語集

シックハウス症候群

シックハウス症候群とは、住宅建材などからの有害物質の影響で起こる、めまい、頭痛、皮膚障害などのことです。なお、シックハウス症候群という言葉は和製英語で、欧米ではシックビル症候群(Sick building syndrome; SBS)、あるいはビル病と呼ばれています。
これまでの日本における室内空気汚染問題は、開放型暖房器具(石油ストーブ、石油ファンヒーター)から発生する窒素酸化物や、ダニ・カビなどのアレルゲンによるものが中心でした。しかし近年、新築あるいは改築した家に入居した人から、「目がツーンとする」「頭やのどが痛い」「ゼイゼイする」といった症状が多く発生し、こうした症状をシックハウス症候群と呼んでいます。住宅の高気密化や、化学物質を放散する建材・内装等の使用による、室内空気汚染が原因と考えられています。
また、「シックハウス症候群」は、家具・日用品の影響、カビ・ダニ等のアレルゲン、化学物質に対する感受性の個人差など、様々な要因が複雑に関係していると考えられています。