学生マンション選びのポータルサイト「学生マンション賃貸情報」

学生マンション賃貸情報

学生マンション運営会社一覧



TOP > トラブルに強い学生マンション

トラブルに強い学生マンション

ひとり暮らしで不安な点は?

学生マンションで快適なひとり暮らし。でも一人だけでは対処しようもない事も起こらないとは限らない。
そういう時に心強いのが学生マンションの運営会社。
どんなトラブルに強いのか見てみよう。

風邪を引いてしまった、薬の買い置きもないし、夜間休日の病院は・・・
      ひとり暮らしで病気になるのは、とても不安なこと。薬もないし近所の病院も知らない。
多くの学生マンション運営会社では管理人さんや電話1本で専門の医療スタッフへの相談など、個々のケースで十分なアドバイスをしてくれる体制を取っています。
普通のひとり暮らしでは、遠く離れたご両親に電話することくらいしか出来ないし、両親に不安をかけたくない、などの話をよく聞きますので、その点で学生マンションは安心感が1ランク上、と言えるでしょう。
夜、帰宅したら不審な人が家の前で・・・
      特に女性のひとり暮らしで不安なのは、不在時の泥棒や夜間の不審者。セキュリティ面での心配は尽きることがありません。
多くの学生マンション運営会社では、日中は管理人さんが常駐し防犯に目を光らせます。
夜間は防犯カメラや各種センサーが警備会社と直結。何かあれば直ちに警備会社が適切に処置してもらえるのでセキュリティ面は非常にいい、と言えるでしょう。
もし普通マンションでのひとり暮らしでは自分で警察に電話するなど自衛の心構えが必要になってしまいます。
しつこいセールスマンが来たらどうしよう・・・
      学生のひとり暮らしで、不安な点を聞くと必ず聞かれるのは「しつこい勧誘やセールス、訪問販売」が来たらどうしよう、ということ。
一般のマンションでは共用廊下まで入ってきて、玄関のチャイム、インターホンごしに、しつこいセールス。不安になって外に出るのも怖くなることもあります。
多くの学生マンションは、マンションの入り口がモニター付のオートロックなので、誰が着たのか一目瞭然。貴方はインターホンに出なければOK。また日中は管理人さんがいるのでセールスも近づきません。だから学生マンションは安心なのです。
鍵を無くしたらどうしよう・・・
      部屋の鍵をどこかに忘れる、というケースは結構多いものです。
普通のひとり暮らしでは契約した不動産会社に電話して、もしくは近所に住む大家さんにお伺いして、という所ですが夜間や休日の場合は・・・。
多くの学生マンション運営会社では、夜間対応の職員や専門の警備会社が24時間対応してくれるので心強いのです。ただ鍵の再発行はお金が掛かる場合もあるので、鍵の管理は十分注意しましょうね。

学生マンション運営会社は入居者が快適に暮らせるよう、学業に専念して楽しい学生生活が送れるよう、トラブル対策はしっかり対処しています。
早速学生マンション運営会社から資料を集めて学生マンションを研究してみましょう!

 

 

NEXT 住みたい街ランキング




Copyright (C) AD8,Inc & 学生マンション賃貸情報 編集部. All rights reserved.